FloorGuide

施設概要

 是川縄文館は、是川遺跡、風張1遺跡などの発掘成果をふまえた展示や体験交流等を通して、東北地方の優れた縄文文化を発信するとともに、市内の遺跡から出土した埋蔵文化財の積極的な公開・活用、適切な保存管理に努め、埋蔵文化財保護の重要性を伝える施設です。

所在地

八戸市大字是川字横山1

用途

埋蔵文化財センター

規模

敷地面積 13,753平方メートル

延床面積 4,594平方メートル

常設展示室面積 580平方メートル

構造

1階鉄筋コンクリート造

2階鉄骨造

駐車場

普通車 約90台

大型バス 6台

障がい者用 3台

八戸市埋蔵文化財センター 是川縄文館 1F

・体験交流室 ・休憩コーナー ・一般収蔵庫 ・保存科学室 ・作業室 ・特別収蔵庫 ・機械室

館内案内図1階

八戸市埋蔵文化財センター 是川縄文館 2F

企画展示室 ・常設展示室 ・図書閲覧コーナー ・書庫 ・研究室 ・出土品整理室

館内案内図2階

縄文学習館(是川縄文館分館)

常設展示室(泉山氏と是川遺跡、埋蔵文化財センターの役割)

復元竪穴住居(屋外) ・遺跡解説パネル(屋外) ・縄文時代と同じ種類の植物植栽(屋外)

>>分館見取図