EventInfo

イベントのご案内

是川縄文館考古学講座

世界文化遺産登録まで、あと少し。

是川縄文館では、平成29年5月から考古学講座を開始します。
前期日程では、「北海道・北東北の縄文遺跡群と世界文化遺産」をテーマに、世界文化遺産登録を目指している縄文の価値や、縄文遺跡群を構成する遺跡について紹介します。
さらに、世界遺産登録後の効果や影響について、既に世界文化遺産に登録されている「平泉‐仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群‐」の事例をもとに考えます。ぜひご参加ください!

【HP用】是川縄文館考古学講座(前期)チラシ◆平成29年度是川縄文館考古学講座(前期)◆
会場:是川縄文館 1階 体験交流室
時間:14時~16時
聴講無料・要申込み(100名まで)
※定員に達し次第、受付を終了しますのでお早めにお申込みください。
①平成29年5月13日(土)
「世界遺産を目指すJOMON‐その価値を考える‐」
岡田 康博 氏(青森県企画政策部 世界文化遺産登録推進室 室長)
※講座初回は開催セレモニーがあります。
②平成29年6月17日(土)
「貝塚のある縄文のムラ‐史跡入江・高砂貝塚‐」
角田 隆志 氏(洞爺湖町教育委員会 社会教育課 主幹)
「4つの環状列石 現代にいきる伊勢堂岱遺跡」
榎本 剛治 氏(北秋田市教育委員会 生涯学習課 主査)
③平成29年7月15日(土)
「平泉から見た世界遺産」
八重樫 忠郎 氏(平泉町 まちづくり推進課 課長)
H29是川縄文館考古学講座(前期)チラシ(488 kB pdfファイル)

是川縄文館サポートスタッフ研修会

volunteer2是川縄文館では、教育普及活動を支援していただく、サポートスタッフを随時募集しています。
活動内容は、縄文時代のくらしやものづくり技術を学ぶ体験学習(縄文土器作りなど)の指導や、是川縄文館展示室・是川遺跡のガイドがあります。
いつでも是川縄文館へ活動に来て、是川遺跡や風張1遺跡の重要文化財を見ながら、縄文文化について楽しく学ぶことができます。
平成29年5月から6月にかけて全6回の日程で、活動に参加してもらうための「是川縄文館サポートスタッフ研修会」を開催します。
研修会は基本的に土曜日の開催となっており、平日にお仕事をされている方でもお気軽にご受講いただけます。
是川遺跡や縄文文化にご興味のある方、活動に参加してみたい方は、ぜひご参加ください。日程の途中からの参加でも大歓迎です!研修会受講後、現在サポートスタッフとして活動いただいている「縄文是川ボランティア」への参加のご意思を確認した上で、メンバーに登録されます。メンバー登録の後、活動がスタートします。

 

※1 サポート活動についての報酬はありません。
※2 是川縄文館ではボランティア活動保険に加入しており、保険料は当館で負担します。
※3 ご都合のよい日・時間で活動できます。

◆ 是川縄文館サポートスタッフ研修会 日程 ◆

 日 程  テーマ  講 師
 5月20日(土)  「縄文是川ボランティアについて」  是川縄文館学芸員
 5月27日(土)  「是川遺跡について」  是川縄文館学芸員
 6月3日(土)  「是川遺跡のガイドについて」  是川縄文館学芸員
 6月17日(土)  「是川縄文館常設展示解説①」  是川縄文館学芸員
 6月24日(土)  「是川縄文館常設展示解説②」  是川縄文館学芸員
 6月30日(金)  「博物館研修」  是川縄文館学芸員

 

【時間】    14:00~16:00 ※ 6/30は8:00~18:00

【場所】    是川縄文館 1F 体験交流室ほか

【募集人員】 30人

【持ち物】   筆記用具
※6/3は屋外での研修のため、よごれてもよい服装でお越しください。また、雨天時は延期いたします。

【受講料】   無料 ※6/30の博物館研修は、希望者のみ参加となっており、別途費用がかかります。

【申込み】  是川縄文館まで (お電話あるいは事務室窓口までお願いします)

【その他】  7/1開催の合掌土偶作り教室は、縄文是川ボランティアの学習会を兼ねておりますので、こちらもあわせてご参加ください。

※ お問い合わせ先:是川縄文館 0178-38-9511

こちらもご覧ください是川縄文館サポートスタッフ研修会(5~6月)チラシ(383kB PDFファイル)

合掌土偶作り教室

八戸の国宝をつくろう!

縄文人は、どんな思いをこめて土偶をつくったんだろう?
八戸の国宝「合掌土偶」を自分の手でつくって、縄文人の気持ちになってみよう!

合掌土偶-日時:平成29年7月1日(土) 9:30~13:00
講師:是川縄文館学芸員・縄文是川ボランティア
参加料:300円(材料費)
持ち物:古タオル
※申込みが必要です(前日まで)。
※粘土を使った体験学習ですので、汚れてもよい服装でお越しください。
※小学校6年生以上が対象です(それ未満のお子さんの参加は要相談)。

申込み、お問合せは是川縄文館(0178-38-9511)まで

特別展「発掘された日本列島2017」

日本全国の最新の発掘調査成果が、この夏やってくる

日本国内では、毎年8,000件近くの発掘調査が行われています。
この展覧会では、近年行われた発掘調査の中で特に成果のあった遺跡の出土品や、調査・研究によって新しい成果があった資料が展示されます。また、特集展示として、東日本大震災からの復興にともなう発掘調査や、近年調査が進む水中遺跡から引きあげられた遺物を展示します。
日本全国の最新の発掘調査成果を見ることができる展示ですので、ぜひお越しください。

あわせて、地域展「八戸の土偶」も開催します。
八戸市内では、縄文時代早期から弥生時代の土偶がみつかっています。この展示では、これまでみつかった八戸の土偶を一挙公開します。普段は登場していない土偶も展示しますので、こちらもあわせてご覧ください。

列島展チラシ1-

 

2017DOGU-

 

開催概要

会期 平成29年8月5日(土)~9月18日(月・祝)
会場 八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館 企画展示室 (中核展会場・2階)
八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館 研修室 (地域展会場・2階)
青森県八戸市大字是川字横山1 電話番号:0178-38-9511
・JR 東北新幹線 八戸駅から、是川縄文館ゆきバスで20分(土・日・祝日のみ)
・八戸中心街バスターミナルから、南部バス 八戸市内循環バス「るるっぷ八戸」で20分「是川縄文館」下車
開館時間 午前9時00分から午後5時00分
(入館は午後4時30分まで)
休館日 8月21日,28日,9月11日
主催 文化庁・八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館・デーリー東北新聞社・全国新聞社事業協議会
協力 【中核展】
■協力:全国公立埋蔵文化財センター連絡協議会・全国埋蔵文化財法人連絡協議会・公益財団法人元興寺文化財研究所・共同通信社
■後援:全国史跡整備市町村協議会
【地域展】
■協力:青森県埋蔵文化財調査センター・八戸市南郷歴史民俗資料館・八戸市博物館
観覧料金 会期中は特別展料金となります(常設展もあわせて観覧いただけます)。
なお、地域展「八戸の土偶」は、無料でご覧いただけます。

観覧料
一般 300円(180円)
大学生・高校生 65歳以上(市内)・障がい者 えんじょいカード 150円(80円)
中学生・小学生(市外) 50円(30円)
中学生・小学生(市内)・未就学児 無料

※20人以上の場合、( )内の団体料金となります。
※分館(縄文学習館)は無料でご覧いただけます。
※市内の小・中学生は無料となります。
※市内の65歳以上の方は半額となります。
※「身体障害者手帳」「戦傷病者手帳」「愛護(療育)手帳」「精神障害者保健福祉手帳」のいずれかをお持ちの方と、同伴者1名は半額となります。
※8月20日は「これかわ縄文まつり」のため、観覧が無料となります。

併催行事 ■特別展ギャラリートーク
日時:(1)8月5日,12日, 19日 9月2日, 9日,16日 14:00〜
(2)8月26日 10:00〜
(3)8月6日,13日, 20日,  27日 9月3日, 10日,17日 10:00〜,14:00〜
講師:(1) ・(2) 当館学芸員 (3)青森県埋蔵文化財調査センター 専門職員
会場:八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館 企画展示室(2階)
※申込不要。当日に特別展を観覧される方が参加できます。

■特別展考古学講座「徹底解説!発掘された日本列島2017」
講師:川畑 純氏
(文化庁文化財部記念物課 文部科学技官)
日時:8月26日(土)14:00~16:00
会場:八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館 体験交流室(1階)
※申込が必要です(先着100名)。参加無料。