EventInfo

イベントのご案内

パネル展「伝える」

写真が「伝える」是川遺跡

大正から昭和初期に行われた是川遺跡発掘調査の様子は、ガラス乾板に「写真」として記録され、今日まで大切に保管されてきました。
展示では、現代の技術により修復し、デジタル化を行った100年前の是川遺跡記録写真や平成の発掘調査で撮影されたフィルム写真、各時代のカメラを展示し、記録としての写真の役割をご紹介します。
(この展示は、平成30年度の文化庁「地域の特色ある埋蔵文化財活用事業」を活用しています。)

◆ 開催概要

会期 平成30年12月15日(土)~ 平成31年3月21日(木・祝)
会場 八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館 企画展示室 (2階)
青森県八戸市大字是川字横山1 電話番号:0178-38-9511
・JR 東北新幹線 八戸駅東口から南部バス是川縄文館ゆきで20分(土・日・祝日のみ)
・八戸中心街バスターミナル3(中央通)から南部バスで20分「是川縄文館」下車
・八戸自動車道 八戸ICから車で約10分
開館時間 午前9時00分から午後5時00分
(入館は午後4時30分まで)
休館日 12月17日、25日、27日~31日
1月1日~4日、7日、15日、21日、28日
2月4日、12日、18日、25日
3月4日、11日、18日
主催 八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館
協力 株式会社堀内カラーアーカイブサポートセンター
八戸市博物館、三戸町教育委員会
観覧料金 パネル展は入場無料です。
以下は常設展観覧料です。是非常設展もあわせてご観覧ください。

観覧料
一般 250円(130円)
大学生・高校生 150円(80円)
  1. 中学生・小学生(市外)
50円(30円)
中学生・小学生(市内)・未就学児 無料

※20人以上の場合、( )内の団体料金となります。
※分館(縄文学習館)は無料でご覧いただけます。ご観覧の際は本館受付にお申し出ください。
※市内の65歳以上の方は半額となります。
※「身体障害者手帳」「戦傷病者手帳」「愛護(療育)手帳」「精神障害者保健福祉手帳」のいずれかをお持ちの方と、同伴者1名は半額となります。

併催行事 ■特別講演会「文化財を撮る -写真が遺す歴史」
講師:中村 一郎 氏
(奈良文化財研究所 写真室 専門職員)
日時:平成30年12月15日(土)14:00~16:00
会場:八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館 体験交流室(1階)
※申込が必要です(先着100名)。参加無料。
※聴講者限定で、大正・昭和初期に撮影された是川遺跡の写真199点すべてを収録したブックレットを配布します。(当日限り)
限定グッズ パネル展開催を記念して、下記のグッズを限定販売します。
●ガラス乾板写真による是川遺跡絵葉書(12枚一組)
●是川縄文館オリジナル野帳(合掌土偶、皿形土器、箆形木製品の3種類)
※数量限定。無くなりしだい販売を終了します。

平成30年度是川縄文館パネル展「伝える」リーフレット【PDFファイル・996KB】

是川縄文館考古学講座(後期)

海道・北東北の縄文遺跡群を世界遺産に!

是川縄文館では、平成30年12月から考古学講座(後期)を開始します。
後期日程では、前回に引き続き北海道・北東北の縄文遺跡群と世界遺産をテーマに、縄文遺跡群を構成する遺跡や、世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の、登録までの取り組みなどについて学びます。ぜひご参加ください


◆平成30年度是川縄文館考古学講座(後期)◆
-北海道・北東北の縄文遺跡群と世界遺産3-
会場:是川縄文館 1階 体験交流室
時間:14時~16時
聴講無料・要申込み(100名まで)
※定員に達し次第、受付を終了します。

①平成30年12月8日(土)
「岩木山を望むまつりの場 -大森勝山遺跡」
岩井 浩介 氏
(弘前市教育委員会 文化財課 埋蔵文化財係長)
「貝塚からみる人々のくらし -二ツ森貝塚-」
髙部 由夏 氏
(七戸町教育委員会 世界遺産対策室 主事)

②平成31年1月19日(土)
「土屋根住居のある風景 -御所野遺跡」
菅野 紀子 氏
(一戸町教育委員会 世界遺産登録推進室 文化財主任)
「大湯環状列石87年間のあゆみ」
赤坂 朋美 氏
(鹿角市教育委員会 大湯ストーンサークル館 主任)

③平成31年2月2日(土)
「「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群、世界遺産登録のあゆみ」
大高 広和 氏
(福岡県文化振興課 世界遺産室 主任技師)

こちらもご覧ください→H30是川縄文館考古学講座(後期)チラシ(571KB, pdfファイル)

縄文土器の拓本作り

縄文土器のもようを墨で写し取る「拓本」を体験します。

1月26日(土) 9:30~12:00
会場:是川縄文館 1階体験交流室

サポートスタッフ研修会(1~2月)

縄文の案内人になりませんか?

是川縄文館では、館の教育普及活動を支援していただく、サポートスタッフを随時募集しています。サポートスタッフについてより深く理解してもらい、活動に参加していただくため、平成31年1月から2月にかけての全6回にわたり、活動に参加するための研修会を開催します。
活動内容には、縄文時代のものづくり技術を学ぶ体験学習(縄文土器作りなど)の指導や、是川縄文館展示室・是川遺跡のガイドがあります。活動に必要な知識や技術は、サポートスタッフ研修会のほか、スタッフ同士の学習会などで身につけることができます。

サポートスタッフになると、いつでも是川縄文館へ活動に来て、是川遺跡や風張1遺跡の出土品を見ながら、縄文文化について楽しく学ぶことができます。
是川縄文館での活動に興味のある方や、活動に参加してみたい方は、是川縄文館までお問い合わせください。
研修会受講後、活動参加の意思を確認した上で、「縄文是川ボランティア」へ登録いたします。

※活動についての報酬はありません。
※ボランティア活動保険の手続きや費用負担は、是川縄文館が行います。
※縄文是川ボランティアの活動時間は9:30~16:00ですが、ご都合のよい時間に活動することができます。

◆ サポートスタッフ研修会 日程 ◆

日 程 内 容 講 師
1/12(土) オリエンテーション 当館学芸員
1/26(土) 「滑石の勾玉作り・火起こし実習」 当館学芸員
縄文是川ボランティア
2/9(土) 「考古資料でたどる八戸の歴史」 工藤 竹久 氏
(青森県文化財保護審議会 委員)
2/16(土) 「AED講習」 八戸消防署 救急隊
2/22(金) 「博物館研修(岩手県平泉・一関方面)※注 当館学芸員
2/23(土) 「丹後平古墳群出土品について」 船場 昌子 氏
(八戸市博物館 主査兼学芸員)

※ 博物館研修は、サポートスタッフ研修会を受講している方のみ参加できます。

【時間】    14:00~16:00  ※ 2/22は7:30~18:00

【場所】    是川縄文館 1F 体験交流室ほか

【募集人員】  30人

【持ち物】   筆記用具 ※1/26はものづくり実習のため、汚れてもよい服装でお越しください。

【受講料】   無料
※他施設を見学する2/22の博物館研修は、別途費用(昼食代等)がかかります。

【申し込み】  是川縄文館まで (お電話あるいは事務室窓口までお願いします)


お問い合わ
せ先:是川縄文館 0178-38-9511
詳しくはこちら→サポートスタッフ研修会(1~2月)チラシ(325kB,PDFファイル)


◆ サポートスタッフの活動 ◆

展示のガイド
体験学習の指導

縄文土偶作り

是川遺跡で出土した土偶をつくります。