EventInfo

イベントのご案内

これかわ考古学クラブ

是川縄文館では、小学5年生から中学3年生向けに、「考古学」を楽しく学ぶ「これかわ考古学クラブ」を開催しています。
クラブ活動では、昔の人が暮らしたあと(遺跡)を掘ったり、みつかった昔の道具(遺物)を実際に見たりしながら考古学を学びます。
みなさんも、このクラブを通して考古学者を目指してみませんか?
普段は体験できないメニューを用意してお待ちしております。

☆これかわ考古学クラブ 令和3年度の予定☆

日程 内容 講師
5月29日(土) 開講式 当館学芸員
6月5日(土) ①バックヤードツアー 当館学芸員
8月7日(土) ②縄文デザインをつくってみよう! 当館学芸員
10月2日(土) ③縄文土器をつくってみよう! 当館学芸員
12月4日(土) ④縄文人の赤色と黒色を塗ってみよう! 当館学芸員
2月5日(土) 修了式 当館学芸員

◆時 間:10:00~12:00
◆場 所:八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館
◆持ち物:筆記用具・動きやすい服装・プリントを入れるファイル

~保護者の方へ~
◆参加料:活動保険料として、1回につき100円いただきます(最大400円)。
※臨時企画開催の際には別途いただく場合がございます。
◆送 迎:縄文館では、送迎を行いません。保護者の送迎もしくは公共交通機関でお越しください。
◆修了証:修了証は第4回終了後に感想文を提出した人に差し上げます。

※お問い合わせ・申込み先:八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館(TEL:38-9511)

詳しくはチラシをご覧ください。→【Webフライヤー】R3これかわ考古学クラブ

是川縄文館考古学講座(後期)

植物からみえてくる、縄文人のくらしとは?

是川縄文館では、令和3年12月から考古学講座(後期)を開始します。
後期日程では、縄文時代の植物利用をテーマに、最新研究の成果や、新たな発見があった遺跡などについて学びます。ぜひご参加ください

◆令和3年度是川縄文館考古学講座(後期)◆
-植物からみる縄文のくらし-
会場:是川縄文館 1階 体験交流室
時間:14時~16時
聴講無料・要申込み(50名まで)
※定員に達し次第、受付を終了します。
※新型コロナウイルス感染症の流行状況により、講座の中止や延期、講演方法の変更(インターネット中継など)をする場合がございます。

①令和3年12月18日(土)
「里山の環境と植物」
馬場 光久 氏
(北里大学獣医学部植物生態学系緑地保全学研究室 教授)

②令和4年1月15日(土)
「かごや縄などの編組製品からみる縄文時代の植物利用」
佐々木 由香 氏
(金沢大学人間社会研究域附属古代文明・文化資源学研究センター考古科学部門 特任准教授)

③令和4年2月12日(土)
「小山崎遺跡からわかる縄文人の植物利用」
渋谷 咲智 氏
(遊佐町教育委員会教育課文化係 主事)

こちらもご覧ください→R3是川縄文館考古学講座(後期)チラシ(808KB, pdfファイル)